この投票が未来を決める事になる

大阪市にとっては今度の日曜日に大事な投票が終わりました。
それは「都構想」の是非を問う投票でしたね。

いろんな所で賛成や反対などの呼びかけをしていますがこんな事を考えているのかと思われている。
特に勉強が必要不可欠となる事もある。

私から見た大阪は都になると更に壊すのではないのかとちょっと気になる事もある。
橋下さんが府知事や市長になってから何もかも潰しているような気がします。

特に文化系や福祉などはほとんど削減をしたので潰したと思われています。
外交も禁止されているので理解がないと思われています。

こうした中で都構想となりますがこれは難しい選択を迫られていると思っている。
都構想にすると本当に解消は出来るのか不安視されている事が多い。

思うことはもっとゆっくりと話し合いをすべきだと思っている。
そして、野党にもう少し説得は必要だと思うのです。

話し合いでしっかりしてほしいと思うのですが橋下さんは何もかも早くにしようとしている。
急ぐ必要はないと思っていますが反対が勢いがあるのでどうなるのか気になると思っています。

何もかも進んでないような気がしますがこればかりだけではないと思ってほしい。
今回の件では振り回しているような気がします。